2回目のアレ

前回の記事を書いた2時間後くらいにバッチリ発熱しました。

 

なんか熱いかな?ちょっとだるいかな?お、節々が痛いぞ・・・

と思いながらあれよあれよという間に38度台まで上昇。

熱の上がりはじめに飲んだアセトアミノフェン系の解熱剤があまり効かず、熱と体の痛みで寝苦しい夜を過ごしました。

途中で寝るのをあきらめてネトフリで水曜どうでしょうを見ながら気を紛らせつつ。

一応5時間空けてから今度はイブプロフェン系の解熱剤を投入。

するとスッと体が楽になりすぐに眠れました。

接種から12~30時間くらいまでは38度前後を行ったり来たりで、熱で体力を消耗しているのかほとんど寝ていましたね。

寝れないくらいしんどくなったら解熱剤投入。

38時間くらいで体は楽になって、翌朝は平熱に戻りました。

 

1回目の時は微熱と少し腕が痛いかな?程度だったので2回目も同じくらいかな~と油断していたらそんなことはなかったですね!

今まであまり高熱を出したことが無いのでしんどい部分もありましたが、免疫系がちゃんと仕事をしてくれていたのだと思えばまぁいいかな。48時間くらいで治まるというのもわかっていたし。

もし感染したらもっとつらい状態がもっと長く続くのだと思うと・・・うん、これくらいで済むなら安いもの。

 

事前に準備していたあるといいよ的なグッズの中でMVPはアイスノンでした!

とにかく体が熱かったので冷たくて気持ちいいのが最高です。

38度台の熱が続くと冷えピタはほとんど役に立たないw

ぬるいだけになってしまった冷えピタは剥がして途中で保冷剤をタオルで巻いてヘアターバンで額に固定していました。

発熱した夜中は解熱剤+アイスノン+保冷剤でようやく眠れた感じです。

あとはポカリとレトルトお粥とゼリー飲料と桃ゼリーと・・・なんだかんだで全部消費しましたね。

悪寒がある時は常温、なくなれば普通に冷たいものを飲んだり食べたり。

もちろん反応には個人差があるのでこうするのが一番というのはないと思うのですが、この辺は準備しておいて損はないかなと。

使わなければ使わないで他に流用もできますしね。

 

あとは免疫バフが付くのを待つのみ。

不要不急の外出はなるべく避けておとなしくスカウォHDを進めようと思いますw